So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

キリスト教ってどんな宗教なの?

こんにちわ

キリスト教を信じて38年たちましたが、まだわからないことだらけです。
キリスト教とはいったいどのような宗教なのでしょうか?
一言でいえば、キリスト教とは神に頼ることによって、神から来る恵みの力に支えられる
超自然的な生活ということができるでしょう。

ほとんどの人がキリスト教を誤解しており、私を含めてクリスチャンでもまだ理解していない人が多いのではないかと思います。
クリスチャンとは神の教えを守ろうと努力するまじめな人というイメージを持つ人が多くいます。
真面目に勤勉に励むことは聖書も勧めています。しかし、聖書では神に頼らず、自分の力に頼る人は呪われよと教えているのです。
ですから、いわゆる律法と呼ばれる神の命令を自分の努力やがんばりで守ろうと努力し、がんばってきよくなろう、愛の人になろうとがんばれば、がんばるほど目標から遠ざかっていくのです。
なぜ、そのようになるのかを使徒パウロはその書簡によって解説しています。
ですから、単なる教えや修行によっては人は救われないと聖書は教えています。
この律法と呼ばれる自力救済、自力本願に挫折し、行き詰まるところから、キリスト教の世界が始まると言ってよいでしょう。
















******
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。